フォト
無料ブログはココログ

経済・政治・国際

2015年9月19日 (土)

日本、戦後70年民主主義国家の歩みははどこへ

安保法案が参議院で可決した!

自民、公明党などの与党の賛成多数で可決したと。

民意の反対多数を無視して「戦争参加可能法案」が可決成立されたらしい。

国民の民意を押し切って海外派兵を可能にした法案が可決成立した。

その国会議員を選んだ国民の民意の反対を押し切って成立したとされる戦争参加法案は
いったい誰のための法案なのか? 安倍の心情だけじゃないのか?

次回の国政選挙は今回の強行採決を踏まえた上での選挙に。

国会議員は誰のための国民の代表か?


安倍首相の言う「再び日本を世界の輝ける世界の中心にするために・・・」
とはいったいどんな妄想か?

この人はすでにとっくに壊れ切っているんでしょうか(ハックション!笑)?

ところで自民の高村さんはナゼ副総理?

「今までの70年の不戦を今後も続けるための法案」?などと真顔でうそぶいているが、
戦争経験もないあんたに言われたくない。
わかったような偉そうななこと言わないでほしい。
自民にはこんな人物しかいないのか? 
 。
アメリカとより親密になれば日本は安泰などいいう発想がそもそも不思議。


さらに不思議なことは戦前戦中に生まれた老人層の中に今回の法案が成立してよかったとなどと言う発言があることだ。
戦争のみじめさを実体験していないから(記憶になく)単純にそう感じるのか?
いろいろな意見、感想があっていいと思うが・・・
戦争に駆り出されるのは老人のお前らではない。

この法案成立が首相の掲げる戦争の抑止力にはならないだろう。 今までの歴史がそれを証明している。

2015年9月16日 (水)

安保関連法案の採決に断固反対します

自民党など与党が強行採決を目指す安保関連法案の採決に断固反対します。

今雨の中、国会前に集まった法案採決反対の民意の数々。

法案採決反対の圧倒的な民意を顧みず、また憲法違反を顧みず、安倍首相以下政府与党の

まるでアメリカの属国になるような現在審議中の安保法案強行採決の構えに対し、

実際の行動に出れない自分がもどかしい。 


数の力で憲法や国民を無視した強行採決を目指す首相は本当に今の世界観をわかっていないと感じる。

アメリカの思うツボ! 採決されれば国民にはいつかその重要性がわかるとうそぶくが、

それは民主主義をまったく無視した暴言だ。 上から目線のその頭には、国民の事など考えていない、

自らの主義と彼の爺さんの岸元首相の蛮行が根底にあるのか。

今日明日、日本の岐路と思えば心騒ぐ。


憲法九条は戦争を放棄した世界に誇れる憲法だと信じている。

憲法解釈云々は言い訳にしか過ぎない。

イクサをしていいことは何もなく、そのイクサを可能に導くことになるこの
法案には断固として反対します。

2013年12月 5日 (木)

秘密保護法案の数による強行採決に憤りを覚える。

今日にも、参議院を与党の数の力によって採決されようとされている特定秘密保護法案に反対するとともに、
改めて与党自民党、公明党の数によるる驕りに強い憤りと、自身の無力と虚脱感を覚えます。

外交、防衛上、国家には情報を隠さねばならない局面はあることは想像に難くないが、秘密事項が何かも秘密という。 国民の知る権利をないがしろにしている。ただ不安だけが募り異論を言えない窮屈な萎縮した社会が想像されて寒気さえ覚える。
米国との情報共有のためという看板を掲げてはいるが、公務員のみならず一般市民生活に大きな影をもたらすことは明白だ。
こんな与党自民党を選んだのも国民だから(私は選んでいない)いまさら何を言っても通らないのかもしれないが、自民党の化けの皮がいま、はがれようとしている。石破さんもどうかしてしまったような失言騒ぎ。
去年、国政選挙で自民党が大勝してから、国がご自身に対して何か良い報いごとは一つでもありましたか?