フォト
無料ブログはココログ

« 安保関連法案の採決に断固反対します | トップページ | 長野、青木湖へ »

2015年9月19日 (土)

日本、戦後70年民主主義国家の歩みははどこへ

安保法案が参議院で可決した!

自民、公明党などの与党の賛成多数で可決したと。

民意の反対多数を無視して「戦争参加可能法案」が可決成立されたらしい。

国民の民意を押し切って海外派兵を可能にした法案が可決成立した。

その国会議員を選んだ国民の民意の反対を押し切って成立したとされる戦争参加法案は
いったい誰のための法案なのか? 安倍の心情だけじゃないのか?

次回の国政選挙は今回の強行採決を踏まえた上での選挙に。

国会議員は誰のための国民の代表か?


安倍首相の言う「再び日本を世界の輝ける世界の中心にするために・・・」
とはいったいどんな妄想か?

この人はすでにとっくに壊れ切っているんでしょうか(ハックション!笑)?

ところで自民の高村さんはナゼ副総理?

「今までの70年の不戦を今後も続けるための法案」?などと真顔でうそぶいているが、
戦争経験もないあんたに言われたくない。
わかったような偉そうななこと言わないでほしい。
自民にはこんな人物しかいないのか? 
 。
アメリカとより親密になれば日本は安泰などいいう発想がそもそも不思議。


さらに不思議なことは戦前戦中に生まれた老人層の中に今回の法案が成立してよかったとなどと言う発言があることだ。
戦争のみじめさを実体験していないから(記憶になく)単純にそう感じるのか?
いろいろな意見、感想があっていいと思うが・・・
戦争に駆り出されるのは老人のお前らではない。

この法案成立が首相の掲げる戦争の抑止力にはならないだろう。 今までの歴史がそれを証明している。

« 安保関連法案の採決に断固反対します | トップページ | 長野、青木湖へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

お説ごもっともです。私は、今回の安保法案は他国の戦争に参戦できる法律であることから、憲法9条をもつ平和国家の日本の将来を危険にさらす恐れがあることから微力ながら法案反対デモや集会に繰り返し参加しました。平和でなければ星を見上げて
撮影を楽しむこともできませんからね。法案は「成立」しましたが、自公議員を落選させる運動が始まりそうですし、野党政党から早速自公政権に対抗するための共闘する動きが出ていますので、希望をもって参加したいと思います。
 また、素敵な星空風景を発表してください。

闇一さん コメントありがとうございます。

今回の法案成立を阻むためにデモや集会に繰り返し参加されたのこと、羨ましく感じました。

処で今日の日本の民主主義はどうやら本物ではないようですね。ざんねんながら。

国民の代表を選挙で選ぶところまでは数の力学。 当選したら民意も何もありませんね。
「可決成立したらそのうちわかるだろう、、」とはなんという傲慢な考えなのかと怒りを覚えますね。

やはり選挙で多数になることがいかに大事かと思い知った感が国民も代議士にもあることでしょう。

そのためには野党共闘が有効な方法でしょうね。大賛成です。

仰せのように仮に戦争に巻き込まれれば星空撮影はできませんね。
「今までの当たり前」が失ったときにその良さが身に染みてわかるのはなにも戦争だけではありませんよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1518270/61681472

この記事へのトラックバック一覧です: 日本、戦後70年民主主義国家の歩みははどこへ:

« 安保関連法案の採決に断固反対します | トップページ | 長野、青木湖へ »