フォト
無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月21日 (月)

長野、青木湖へ

好天に誘われるように信州大糸線沿いの青木湖へ行った。

かれこれ30数年前にお世話になった民宿があったはずだが・・・。
道が変わったのか周辺が整備されていてその宿を見つけることができなかった。
だけどそこには年数を経た割に変わっていない当時のままの癒される初秋の稲田と湖の風景があった。

Photo
時を経ても合わらない風景を見ると、直近の五年や十年前の出来事が昨日の事のように感じられてくるから不思議です。

人の一生涯もそんなものでしょうか。 よくも悪くもほっとしたりするものです。


2015年9月19日 (土)

日本、戦後70年民主主義国家の歩みははどこへ

安保法案が参議院で可決した!

自民、公明党などの与党の賛成多数で可決したと。

民意の反対多数を無視して「戦争参加可能法案」が可決成立されたらしい。

国民の民意を押し切って海外派兵を可能にした法案が可決成立した。

その国会議員を選んだ国民の民意の反対を押し切って成立したとされる戦争参加法案は
いったい誰のための法案なのか? 安倍の心情だけじゃないのか?

次回の国政選挙は今回の強行採決を踏まえた上での選挙に。

国会議員は誰のための国民の代表か?


安倍首相の言う「再び日本を世界の輝ける世界の中心にするために・・・」
とはいったいどんな妄想か?

この人はすでにとっくに壊れ切っているんでしょうか(ハックション!笑)?

ところで自民の高村さんはナゼ副総理?

「今までの70年の不戦を今後も続けるための法案」?などと真顔でうそぶいているが、
戦争経験もないあんたに言われたくない。
わかったような偉そうななこと言わないでほしい。
自民にはこんな人物しかいないのか? 
 。
アメリカとより親密になれば日本は安泰などいいう発想がそもそも不思議。


さらに不思議なことは戦前戦中に生まれた老人層の中に今回の法案が成立してよかったとなどと言う発言があることだ。
戦争のみじめさを実体験していないから(記憶になく)単純にそう感じるのか?
いろいろな意見、感想があっていいと思うが・・・
戦争に駆り出されるのは老人のお前らではない。

この法案成立が首相の掲げる戦争の抑止力にはならないだろう。 今までの歴史がそれを証明している。

2015年9月16日 (水)

安保関連法案の採決に断固反対します

自民党など与党が強行採決を目指す安保関連法案の採決に断固反対します。

今雨の中、国会前に集まった法案採決反対の民意の数々。

法案採決反対の圧倒的な民意を顧みず、また憲法違反を顧みず、安倍首相以下政府与党の

まるでアメリカの属国になるような現在審議中の安保法案強行採決の構えに対し、

実際の行動に出れない自分がもどかしい。 


数の力で憲法や国民を無視した強行採決を目指す首相は本当に今の世界観をわかっていないと感じる。

アメリカの思うツボ! 採決されれば国民にはいつかその重要性がわかるとうそぶくが、

それは民主主義をまったく無視した暴言だ。 上から目線のその頭には、国民の事など考えていない、

自らの主義と彼の爺さんの岸元首相の蛮行が根底にあるのか。

今日明日、日本の岐路と思えば心騒ぐ。


憲法九条は戦争を放棄した世界に誇れる憲法だと信じている。

憲法解釈云々は言い訳にしか過ぎない。

イクサをしていいことは何もなく、そのイクサを可能に導くことになるこの
法案には断固として反対します。

2015年9月 3日 (木)

9月ですね

暑い暑い苦手の夏がやっと終わったと思ったら、今度は秋の長雨が続く今日この頃です。
暑いのは大の苦手だけれど、雨もこれほど連日続くと心にもカビが生えそうで・・・ナントモ。

何とも思いどうりにはいかない天気ではあります。

それでも昨日は午後には久しぶりにお天道さまが顔をだしてくれたので、
ふらりと奥武蔵グリーンラインへプチツーリングとシャレ込みました。

久しぶりに見る青空の元、奥多摩奥武蔵の丘陵の山々がまぶしい。
しばらくこの蒼を忘れていたような錯覚に襲われた。空の青は、この蒼だったかと。

Photo
奥武蔵グリーンライン、高山不動尊付近から見る。

かつて今から何十年も若かった頃、ラリー仕様のサスをがちがちに固めた車で夜通し練習に明け暮れた林道は
昔の儘で、懐かしさがよみがえってきました。

昨日はマッタリと単気筒バイクの鼓動と振動に身を任せながらの走行は又格別の味わいがありました。

カメラを一つぶら下げての風を切りながら目的地も敢てないツーリングにはまりそうです。

又早く天気回復してくれんかなぁ~

X-Pro1 18~55
4年近く前のカメラとレンズ。このカメラのダイナミックレンジ拡大機能を使うと、
手前の暗部から奥の空のハイライト部分のつながりが良く白とびにはならない。
これは素晴しい機能だけれど、最近のフジはこのころの心意気を忘れかけてきたようで、時のうわさを
ハラハラしながら聞いてます。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »