フォト
無料ブログはココログ

« 親爺さんの好みの写真を飾ってみた | トップページ | 梅雨空がつづきます »

2015年5月24日 (日)

夕空高く

このところ好天が続きます。
その好天を生かして風景・星景を撮ろうと潜在的に思ってはいるものの、いざとなると腰が重く、
なかなか出られずに身の回りのこまごまとしたことに追われてしまっております。

ところで先日21日は二十四節季でいう「小満」でいよいよ万物が勢いよく生い茂るころ、とのことまさしく
そんな気候になりましたね。 二十四節季のなかで一番なじみがない、存在感がない言葉らしいですが、
そのこととは裏腹に万物がますます勢いを増す頃、とはおかしな話ではあります。

今日は夕焼けとはいきませんでしたがピンクに色ずく薄雲の間から半月まじかの上限の月を望遠レンズで撮ってみました。
3154bb


秋の空のような巻雲のさらに空高く。
この時期毎年、燕が元気に飛び交って今日も初夏の一日でした。

先日仕事で痛めた肘や腰には良い陽気ですが、これから梅雨入りを思うと少し気が重くなるこの頃でもあります。
写真はFUJIのミラーレスX-T1にニコンのレンズをつけ手持ちで撮っています。感度をうんとあげてとってます。
こんなことができるのもFUJIのカメラならではでしょうか。軽量なうえ高感度に強くフルサイズ一眼並みの描写力はフルサイズカメラのサブというよりこちらがそのうちメインカメラにしたくなるほどです。
まあ、体力も次第に衰えてくればこのカメラがメインにとってかわることもない話ではないですね。

カメラのファームウエア更新で全く別のカメラ機能、性能をアップさせてしまうという、ユーザーからすれば何とも嬉しいサービスですね。 そんな話は他社では聞いたことがありません。そのため最初についてきた取説が今では役立たず・・・
ユーザーを大切にすることこそ自社の為との哲学がしみこんでいるのでしょうか。FUJIの際立った他社との違いはこんなところに感じたりしております。

こんな軽量なカメラで、今までのような仕事につかえれば本当にありがたい、それは体力的にも財政的にも。

ちなみにその後に構えたフルサイズカメラがバーベルのように重く、泣きそう(苦笑)

« 親爺さんの好みの写真を飾ってみた | トップページ | 梅雨空がつづきます »

星景写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1518270/60122720

この記事へのトラックバック一覧です: 夕空高く:

« 親爺さんの好みの写真を飾ってみた | トップページ | 梅雨空がつづきます »