フォト
無料ブログはココログ

2015年11月18日 (水)

夜明けのビィーナス

つい先日、久しぶりに夜明け前の高速道路を走った。

私事ではもちろんなく、仕事を受けての高速道路走行。
夜明け前のまだ暗い東関東自動車道、酒々井PAで
一服したときの事。

夜空を仰ぐ習慣が身についているためか、星空となればすぐ星座探しをしてしまう。

オリオン座はすぐにそれとわかったが、すでにその時刻では早早に西の空に傾いている。
頭上を占める大半の星はすでに春の宵に見られる星座たちだ。
明るく目立った星が少ないのも春の星座の一番の特徴でしょうか。

それに引き替え東空にはいつになく明るい星が三箇もつながっている。

気がついたらPAの紅葉を添景にしてその星を狙っていた。

Photo


下から金星、火星、木星と後で調べて判明(笑)  やはり惑星は明るい。
写真では木星がみえていないけど  \(;゚∇゚)/


この秋は11月になっても暖かい日が多く又、例年になく季節外れの雨も多いようだ。
そういえば夏は暑かったけれど、お盆過ぎには雨ばかりの毎日で気がついたら秋になっていた・・・
ような記憶が。

仕事帰りに再び首都高速中央環状線を走った。左に見えてきたいつものスカイツリーはフランス国旗の色に
ライトアップされていた。それはまさにエッフェル塔のように・・・
ISのテロに倒れた市民を悼むかのように。

2015年11月 2日 (月)

秩父路を行く

秋深まる秩父に出かけた。
秩父ミューズパークの遊歩道沿いにある銀杏並木は一シーズン最後の輝きを放つかのように
黄色く映えて道ゆく人の目を楽しませてくれる。

Dscf3535

カメラ機能の一部でクラシッククロームを使ってみた。昔どこかで見たことがあるような風景。
少し印象的な写真に仕上げたい時に使っている。

Dscf3509

Photo

この時、この風、この色、その気温、この香を楽しんで帰路は正丸峠へ寄り道。

昔ながらの狭い峠道の紅葉も今が盛りとばかりに映えている。

Photo

遠足だろうか、峠道を先生に連れられた園児たちが行くのを見送り、しばし・・私も帰路についた。

その昔、冬の到来は山へ、スキーへと思いをはせ大歓迎でしたが、積もる歳には抗えず、
最近は冬籠りの支度をする年が続くようになりました。

いかん!いかん!それでは…と感じつつ。

2015年10月27日 (火)

葛西臨海公園

秋深い今日この頃です。

北海道では平野部で初雪が観測され富士山や3000メートル級の山もまた冠雪があったようです。
そんな折、海を見に葛西臨海公園へ出かけた。

Photo_2


東京湾といえど、海には違いない。 昔は油とドブの匂いが漂っていたが、今は潮の香りが優しい。
この公園からは東京都心部から芝浦、羽田空港、千葉の房総方面までかすんで見える。

近年できたゲートブリッジが夕日を反射し、カッコ良く鈍く光って見える。
その上空を着陸待ちの旅客機が低空で旋回して羽田空港へ向け高度を落としていくさまは、
ナカナカ見飽きない。

そんな都心部からゲートブリッジまでの様子をパノラマとして切り取ってみた。

Photo

富士山も見えるはず・・・と目を凝らすと、南西の雲間越しにそのシルエットがかすかに見えた。
ダイブ陽が落ちた太陽との角度とその視距離からすると、どうやら今日は葛西から見る
ダイヤモンド富士になりそうな予感にすこし心が騒ぎだした。

予期せぬダイヤモンド富士が突然やってきた!というかんじだ。

Dscf3491

少し山頂からずれてはいたが、それはご愛嬌か(笑) 予感は的中、道理でカメラの人が多いと思った。
富士山が都心からスッキリと見られるようになれば、いよいよ冬も近いということだろう。

ふりむいた東空には満月近い月がディズニーランドの上に昇ってきていた。

Dscf3502


2015年10月10日 (土)

旧体育の日

10月10日は以前、体育の日としての国民の休日だった。
晴れの特異日でもあるが今年は空振りになってしまった。

前日、富士五湖の西湖へでかけた。 
富士の頭に白い綿帽子ならぬ冠雪を期待していたのだが、やや赤茶色の山肌には雪らしいものはみられず拍子抜け。
上空には秋の名残の雲さえ浮いていて、まだ山は本格的な冬姿には早いようだった。

Dscf3398_4

以前この西湖畔からX-Pro1で撮影したオリオン座の写真があるので載せてみたい。
この写真はレンズテストを兼ねて某SNSに応募した写真でもあります。

富士五湖の中でも比較的小規模ながらこの湖畔での撮影が好きだ。
夜も更けて11時を回ると東空に冬の星座が昇ってくる。
毎年の事ながら、それを見るとなぜか心休まるひとときでもあります。


Photo


2015年9月21日 (月)

長野、青木湖へ

好天に誘われるように信州大糸線沿いの青木湖へ行った。

かれこれ30数年前にお世話になった民宿があったはずだが・・・。
道が変わったのか周辺が整備されていてその宿を見つけることができなかった。
だけどそこには年数を経た割に変わっていない当時のままの癒される初秋の稲田と湖の風景があった。

Photo
時を経ても合わらない風景を見ると、直近の五年や十年前の出来事が昨日の事のように感じられてくるから不思議です。

人の一生涯もそんなものでしょうか。 よくも悪くもほっとしたりするものです。


2015年9月19日 (土)

日本、戦後70年民主主義国家の歩みははどこへ

安保法案が参議院で可決した!

自民、公明党などの与党の賛成多数で可決したと。

民意の反対多数を無視して「戦争参加可能法案」が可決成立されたらしい。

国民の民意を押し切って海外派兵を可能にした法案が可決成立した。

その国会議員を選んだ国民の民意の反対を押し切って成立したとされる戦争参加法案は
いったい誰のための法案なのか? 安倍の心情だけじゃないのか?

次回の国政選挙は今回の強行採決を踏まえた上での選挙に。

国会議員は誰のための国民の代表か?


安倍首相の言う「再び日本を世界の輝ける世界の中心にするために・・・」
とはいったいどんな妄想か?

この人はすでにとっくに壊れ切っているんでしょうか(ハックション!笑)?

ところで自民の高村さんはナゼ副総理?

「今までの70年の不戦を今後も続けるための法案」?などと真顔でうそぶいているが、
戦争経験もないあんたに言われたくない。
わかったような偉そうななこと言わないでほしい。
自民にはこんな人物しかいないのか? 
 。
アメリカとより親密になれば日本は安泰などいいう発想がそもそも不思議。


さらに不思議なことは戦前戦中に生まれた老人層の中に今回の法案が成立してよかったとなどと言う発言があることだ。
戦争のみじめさを実体験していないから(記憶になく)単純にそう感じるのか?
いろいろな意見、感想があっていいと思うが・・・
戦争に駆り出されるのは老人のお前らではない。

この法案成立が首相の掲げる戦争の抑止力にはならないだろう。 今までの歴史がそれを証明している。

2015年9月16日 (水)

安保関連法案の採決に断固反対します

自民党など与党が強行採決を目指す安保関連法案の採決に断固反対します。

今雨の中、国会前に集まった法案採決反対の民意の数々。

法案採決反対の圧倒的な民意を顧みず、また憲法違反を顧みず、安倍首相以下政府与党の

まるでアメリカの属国になるような現在審議中の安保法案強行採決の構えに対し、

実際の行動に出れない自分がもどかしい。 


数の力で憲法や国民を無視した強行採決を目指す首相は本当に今の世界観をわかっていないと感じる。

アメリカの思うツボ! 採決されれば国民にはいつかその重要性がわかるとうそぶくが、

それは民主主義をまったく無視した暴言だ。 上から目線のその頭には、国民の事など考えていない、

自らの主義と彼の爺さんの岸元首相の蛮行が根底にあるのか。

今日明日、日本の岐路と思えば心騒ぐ。


憲法九条は戦争を放棄した世界に誇れる憲法だと信じている。

憲法解釈云々は言い訳にしか過ぎない。

イクサをしていいことは何もなく、そのイクサを可能に導くことになるこの
法案には断固として反対します。

2015年9月 3日 (木)

9月ですね

暑い暑い苦手の夏がやっと終わったと思ったら、今度は秋の長雨が続く今日この頃です。
暑いのは大の苦手だけれど、雨もこれほど連日続くと心にもカビが生えそうで・・・ナントモ。

何とも思いどうりにはいかない天気ではあります。

それでも昨日は午後には久しぶりにお天道さまが顔をだしてくれたので、
ふらりと奥武蔵グリーンラインへプチツーリングとシャレ込みました。

久しぶりに見る青空の元、奥多摩奥武蔵の丘陵の山々がまぶしい。
しばらくこの蒼を忘れていたような錯覚に襲われた。空の青は、この蒼だったかと。

Photo
奥武蔵グリーンライン、高山不動尊付近から見る。

かつて今から何十年も若かった頃、ラリー仕様のサスをがちがちに固めた車で夜通し練習に明け暮れた林道は
昔の儘で、懐かしさがよみがえってきました。

昨日はマッタリと単気筒バイクの鼓動と振動に身を任せながらの走行は又格別の味わいがありました。

カメラを一つぶら下げての風を切りながら目的地も敢てないツーリングにはまりそうです。

又早く天気回復してくれんかなぁ~

X-Pro1 18~55
4年近く前のカメラとレンズ。このカメラのダイナミックレンジ拡大機能を使うと、
手前の暗部から奥の空のハイライト部分のつながりが良く白とびにはならない。
これは素晴しい機能だけれど、最近のフジはこのころの心意気を忘れかけてきたようで、時のうわさを
ハラハラしながら聞いてます。

2015年7月 7日 (火)

七夕・遥かな天の川

久しぶりのブログの更新になります。 約ひと月ぶりになりすっかりご無沙汰しております。

すでに早くも7月に入り、ただ今全国的にどこも梅雨の真っ最中といったところでしょうか。
  自分的には久しく見ていない青空を忘れかけております。

星はおろか、太陽の日差しもほとんど届かず雨ばかりで気分も滅入りがち、今年の梅雨はなかなかしつこいようです。
加えてこの季節には珍しく3個の台風が南海上に発生し例年になく過酷な?雨期といえそうです。

たまに見る山小屋のブログでも、なかなか晴れ間がなく雨とガスの巻く毎日と伝えています。


といいつつ今日は七夕ですね。 星空は到底望めず残念ですが、ひと昔前の写真を出してみました。

美ヶ原高原から見た天の川の写真ですが、赤道儀につけて長時間露光中にガスが湧き画面をかすめていきました。

Photo

Nikon D70 Nikkor10.5mm f2.8 約300sec  2005年8月美ヶ原高原


この夏もどこで星景を撮ろうか、今のうちに悩んでみたいと思うこのごろです。

2015年6月14日 (日)

梅雨空がつづきます

6月半ばともなると毎日のように梅雨空が続きホシミどころではありません。
星空の撮影はすっかりご無沙汰の今日この頃、昔懐かしい蔵出し写真ながら今時の星景写真です。

Photo


今は懐かしい志賀高原石の湯ノホタルの里で撮った一こま。
この撮影の前後ひと月で10回近く足しげく通って撮りこんだことがあった。
今思い返せばその意志と行動はどこから湧いていたのかと、我ながら不思議だ。
この写真で一通り蛍の写真は撮り終えたとしばらく出向くことはなくなったが、
その数年後にその地に行ってみたところ、
広い駐車場に大型の観光バスが数台、現地までの誘導員まで配置されていて驚き。
すっかり様変わりしていた。

時代は常に変わりゆくものではあるけれど、あの時のたった一人で蛍の舞を満喫しながら撮影したことが、
懐かしく思い出される写真になった。
今では蛍よりその見物人の数の方が数倍も多い。 撮影そのものもその分難しくなっているかもしれないですね。


«夕空高く